2008年07月28日

釣りキチ三平

秋田県内5カ所のロケ地で、「釣りキチ三平」(矢口高雄著)実写版の撮影が始まった。(「釣りキチ三平」製作委員会。東映株式会社・株式会社白組の共同幹事)。主役の三平三平には、三丁目の夕日で名子役の評判を不動のものにした須賀健太、鮎川魚神役にはNHKの監査法人などで大活躍の若手、塚本高史、そして三平の爺さん三平一平役には、渡瀬恒彦があたる。「釣りキチ三平」は1970年中盤から1983年までの約13年間にわたり、「週刊少年マガジン」(講談社)に連載された釣り漫画。釣り漫画の最高峰と言われており、その自然・生物・人間をめぐるドラマは、奥深い感動と美にあふれている。

 秋田を舞台や題材にした文化的発信というのは極めて少なく、釣りキチ三平は、秋田出身の作者が地元の風景や人々を題材にしたという点で極めて貴重な素材だと思う。
この映画の製作と上映を通じて、秋田や東北の豊かな自然、食などを広く全国・世界に発信したいものだ。地域をあげて応援し、ありきたりのご当地映画にとどまらず、息の長い幅広い展開につなげたいものだ。

CA380052-0001.jpg さて、今晩の締めの一杯は今話題の新しい蒸留所「KILChOMAN New Spirit」。何度目かの出会いだが、1年目でこの状態だとすれば、8年、12年後がとても楽しみ。モルトの若飲みが好きな私にとっても刺激的な一品です。



posted by ひろすけ at 03:03| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。